第46回レーザ顕微鏡研究会&シンポジウム
SLM-46 シンポジウムテーマ「多細胞イメージング」

レーザ顕微鏡研究会第46回講演会・シンポジウムの参加募集と演題募集

【開催日】:2021年11月4日(木)、5日(金)

【開催方式】:オンライン開催 (ZoomおよびRemoを使用予定)

【参加費】:無料

【参加申込】
参加申込は締め切りました。多くの参加の申込を頂き、ありがとうございました。

【問い合わせ】
レーザ顕微鏡研究会事務局 (京都府立医科大学細胞分子機能病理学)
メールアドレス:pcr@koto.kpu-m.ac.jp  TEL:075-251-5322


【レーザ顕微鏡研究会 第 46 回 講演会・シンポジウム プログラム】

11月4日(木)
シンポジウム I (12:50-15:00)

12:50-13:20
  格子光シート顕微鏡による細胞 3D ダイナミクス計測と情報解析
  清末 優子
  理化学研究所生命機能科学研究センター分子細胞動態研究チームリーダー

13:20-13:50
  広視野 2 光子イメージングによる頭頂連合野と周辺領域の相関構造解析
  平 理一郎
  東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科細胞生理学分野 准教授

13:50-14:20
  広視野 2 光子顕微鏡による脳神経ネットワークの in vivo イメージング
  村山 正宜
  理化学研究所 触知覚生理学研究チーム チームリーダー

14:20-14:50
  ラマン顕微鏡高速化と広視野観察
  熊本 康昭
  大阪大学大学院工学研究科 助教


テクノロジー アップデート I (15:00-16:15)

15:00-15:15
  スペクトラ・フィジックスの多様なバイオイメージング用フェムト秒パルス レーザー製品群のアップデート
  柴田 光太郎
  スペクトラ・フィジックス株式会社

15:15-15:30
  顕微鏡における最新 品質管理ツール~Argo-V2 シリーズ~
  山本 由香里
  ケイエルブイ株式会社

15:30-15:45
  ライブセルイメージングを極めた4D イメージングシステム Lattice Lightsheet 7
  佐藤 康彦
  カールツァイス株式会社

15:45-16:00
  アンドール・テクノロジー高速共焦点システムのご紹介
  渡邉 俊之
  オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社

16:00-16:15
  Compact, easy-to-use adaptive optics module for lightsheet imaging of multicellular structures
  Audrius Jasaitis, Cynthia Veilly, Fabrice Harms
  ウエイブフロント有限会社


ポスターセッション ・展示(16:15-17:45)

ポスター

P-1
集束電子線照射による細胞内 Ca2+濃度の変化
田中朝陽1、居波渉2、川田善正2
静岡大学 光医工学研究科 1、静岡大学 電子工学研究所 2

P-2
コヒーレント反ストークスラマン散乱分光顕微鏡の楕円スポットによる 信号増強効果の実験的検証
本間宗一郎, 橋本守
北海道大学大学院情報科学院

P-3
深紫外表面プラズモン共鳴による生細胞の自家蛍光観察
小林圭太1、居波渉2、小野篤史2、川田善正2
静岡大学 大学院総合科学研究科 1、静岡大学 電子工学研究所 2

P-4
ラマン散乱分光法を用いた非アルコール性脂肪性肝疾患の脂質分子構造 イメージング解析
南川丈夫1、清水真祐子2、谷岡弘規1、長谷栄治1、森本友樹2、高成広起1、 安井武史1、常山幸一2
徳島大 pLED 1、徳島大院医歯薬病理 2

P-5
判別根拠を明らかにする機械学習的ラマンスペクトル解析法の開発と末梢神経の選択的 判別への応用
堀広志郎1、南川丈夫1、寺尾圭貴1、獅々堀正幹2、安井武史1
徳島大 pLED 1、徳島大院理工 2

P-6
Uroporphyrin I accumulates in necrotic tissues of squamous cell carcinoma after administration of 5-aminolevulinic acid
Yoshinori Harada1, Masatomo Beika1, Takeo Minamikawa1,2,Yoshihisa Yamaoka1,3, Tetsuro Takamatsu4, Hideo Tanaka1
1 Department of Pathology and Cell Regulation, Graduate School of Medical Science, Kyoto Prefectural University of Medicine.
2 Institute of Post-LED Photonics, Tokushima University.
3 Faculty of Science and Engineering, Saga University.
4 Department of Medical Photonics, Kyoto Prefectural University of Medicine.

P-7
透過型液晶補償光学素子を用いた2光子光音響顕微鏡の高感度化
能塚雄介1,栗原誠2,橋本信幸3,金子昂司1,山岡禎久1
佐賀大院工1,シチズン時計(株)2,日本女子大3

P-8
第3の生体窓(NIR-III)波長の超短パルス光を用いた2光子励起・近赤外発光を用いた 生体深部イメージング
山中真仁1)、園山大地2)、湯川博2,3,4) 、徳永真登2) 、馬場嘉信2,3,4) 、西澤典彦2)
阪大院工 1),名大院工 2),名大未来社会 3), 量子科学技術研究開発機構 4)

P-9
F R A P を用いた細胞間接着のアクチンダイナミクス解析
千住洋介
岡山大学 異分野基礎科学研究所

P-10
Intracellular Ca2+ dynamics during ventricular fibrillation in Langendorff-perfused rat heart revealed by rapid-scanning confocal microscopy
Yuma Morishita1,2, Shoko Tamura1, Kentaro Mochizuki1, Yoshinori Harada1, Hideo Tanaka1
1Department of Pathology and Cell Regulation, Kyoto Prefectural University of Medicine, Graduate School of Medical Science.
2Department of Pediatrics, Kyoto Prefectural University of Medicine, Graduate School of Medical Science.

P-11
Genetic algorithm pulse shaping for sensitivity enhancement in Fourier- transform coherent anti-Stokes Raman scattering spectroscopy.
Matthew lindley,1 Julia Gala de Pablo,1 Ryo Kinegawa,1 Kotaro Hiramatsu,1,2,3 and Keisuke Goda1,4,5
1 Department of Chemistry, The University of Tokyo, Tokyo 113-0033, Japan
2 Research Centre for Spectrochemistry, The University of Tokyo, Tokyo 113-0033, Japan
3 PRESTO, Japan Science and Technology Agency, Saitama 332-0012, Japan
4 Institute of Technological Sciences, Wuhan University, Hubei 430072, China
5 Department of Bioengineering, University of California, Los Angeles, California 90095, USA

P-12
スリット走査型ラマン顕微鏡と深層学習を用いたペプチドの高精度な識別技術の開発
島岡勇輝 1、岡田昌也 1、畔堂一樹 2,3、名和靖矩 2,3、藤田聡史 2,3、藤田克昌 2,3、岩永茂樹 1
1シスメックス株式会社 中央研究所、2大阪大学 工学研究科、3阪大・産総研先端フォトニクス・バイオセンシングオープンイノベーションラボラトリ

展示

ライカマイクロシステムズ株式会社

スペクトラ・フィジックス株式会社

テレダイン・ジャパン株式会社

オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社

アンドール・テクノロジー事業部

浜松ホトニクス株式会社

オリンパス株式会社

ソーラボジャパン株式会社

ケイエルブイ株式会社

カンタム・ウシタカ株式会社

京セラ SOC 株式会社



11月5日(金)
シンポジウム II (9:30-12:00)

9:30-10:00
  多平面同時多光子イメージングと多光子パターン照明
  磯部 圭佑
  理化学研究所, 光量子工学研究センター 上級研究員

10:00-10:30
  蛍光イメージングによる食品の品質評価と最適波長条件の探索
  蔦瑞樹
  国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 食品分析研究領域 非破壊計測ユニット 上級研究員

10:30-11:00
  非線形光学顕微鏡を用いた生体血流イメージング
  本蔵 直樹
  浜松医科大学医生理学講座 助教

11:00-11:30
  センチメートル視野で多細胞動態を観るトランススケールスコープ
  市村 垂生
  大阪大学 先導的学際研究機構 特任准教授

11:30-12:00
  高スループットラマンフローサイトメーターによる多細胞分析
  平松 光太郎
  東京大学大学院理学系研究科 助教

一般講演 (13:00-14:00)

13:00-13:15
  金ナノシェルの散乱飽和を利用した近赤外超解像イメージング
  西田 健太郎1、Gitanjal Deka2、Nicholas I. Smith3、Shi-Wei Chu1、 藤田 克昌 4,5,6
  1 Department of Physics, National Taiwan University、2 Department of Physics,The Assam Royal Global University、
  3 大阪大学免疫学フロンティア研究センター、
  4 大阪大学 大学院工学研究科、
  5 産総研・先端フォトバイオ、
  6 先導的学際研究機構 超次元ライフイメージング研究部門

13:15-13:30
  可視光による2光子励起を用いた高次非線形蛍光顕微鏡
  久保俊貴1,2、天満健太1,2 、杉浦一徳3、魯慨3、篠田肇3、スミスニコラス4、松田知己3、永井健治2,5 、藤田克昌1,2,5
  1 大阪大学大学院工学研究科 、2 産総研・阪大OIL 、
  3 大阪大学産業科学研究所 、4大阪大学IFReC 、
  5 大阪大学先導的学際研究機構超次元ライフイメージング研究部門

13:30-13:45
  飽和励起イメージスキャニング顕微鏡
  天満健太1,2, 桶谷亮介3, René Lachmann4,5, 久保俊貴1, Rainer Heintzmann4, Nicholas I. Smith6,7, 藤田克昌 1,2,7
  阪大応物1, 産総研・阪大先端フォトバイオ2, 九大理学研究院3, Friedrich-Schiller-University Jena.4,
  Leibniz Institute of Photonic Technology5, 阪大iFReC6, 阪大OTRI7

13:45-14:00
  蛍光検出を用いた細胞質中蛋白質分子の構造分布解析
  岡本 憲二、佐甲 靖志
  理化学研究所開拓研究本部

テクノロジー アップデート II (14:00-15:00)

14:00-14:15
  1細胞解析の世界を切り拓く新たなソリューション
  居原田 真史
  横河電機株式会社

14:15-14:30
  Leica 共焦点顕微鏡 STELLARIS による蛍光寿命イメージング
  加藤 寛子
  ライカマイクロシステムズ株式会社

14:30-14:45
  FOV25を持つ広視野・高解像度共焦点顕微鏡
  鶴旨 篤司
  株式会社ニコンインステック

14:45-15:00
  レーザ顕微鏡開発プラットフォーム
  勝木 健雄
  ソーラボジャパン株式会社

ポスターセッション ・展示(15:00-16:30)

ポスター

P-1
集束電子線照射による細胞内 Ca2+濃度の変化
田中朝陽1、居波渉2、川田善正2
静岡大学 光医工学研究科 1、静岡大学 電子工学研究所 2

P-2
コヒーレント反ストークスラマン散乱分光顕微鏡の楕円スポットによる 信号増強効果の実験的検証
本間宗一郎, 橋本守
北海道大学大学院情報科学院

P-3
深紫外表面プラズモン共鳴による生細胞の自家蛍光観察
小林圭太1、居波渉2、小野篤史2、川田善正2
静岡大学 大学院総合科学研究科 1、静岡大学 電子工学研究所 2

P-4
ラマン散乱分光法を用いた非アルコール性脂肪性肝疾患の脂質分子構造 イメージング解析
南川丈夫1、清水真祐子2、谷岡弘規1、長谷栄治1、森本友樹2、高成広起1、 安井武史1、常山幸一2
徳島大 pLED 1、徳島大院医歯薬病理 2

P-5
判別根拠を明らかにする機械学習的ラマンスペクトル解析法の開発と末梢神経の選択的 判別への応用
堀広志郎1、南川丈夫1、寺尾圭貴1、獅々堀正幹2、安井武史1
徳島大 pLED 1、徳島大院理工 2

P-6
Uroporphyrin I accumulates in necrotic tissues of squamous cell carcinoma after administration of 5-aminolevulinic acid
Yoshinori Harada1, Masatomo Beika1, Takeo Minamikawa1,2,Yoshihisa Yamaoka1,3, Tetsuro Takamatsu4, Hideo Tanaka1
1 Department of Pathology and Cell Regulation, Graduate School of Medical Science, Kyoto Prefectural University of Medicine.
2 Institute of Post-LED Photonics, Tokushima University.
3 Faculty of Science and Engineering, Saga University.
4 Department of Medical Photonics, Kyoto Prefectural University of Medicine.

P-7
透過型液晶補償光学素子を用いた2光子光音響顕微鏡の高感度化
能塚雄介1,栗原誠2,橋本信幸3,金子昂司1,山岡禎久1
佐賀大院工1,シチズン時計(株)2,日本女子大3

P-8
第3の生体窓(NIR-III)波長の超短パルス光を用いた2光子励起・近赤外発光を用いた 生体深部イメージング
山中真仁1)、園山大地2)、湯川博2,3,4) 、徳永真登2) 、馬場嘉信2,3,4) 、西澤典彦2)
阪大院工 1),名大院工 2),名大未来社会 3), 量子科学技術研究開発機構 4)

P-9
F R A P を用いた細胞間接着のアクチンダイナミクス解析
千住洋介
岡山大学 異分野基礎科学研究所

P-10
Intracellular Ca2+ dynamics during ventricular fibrillation in Langendorff-perfused rat heart revealed by rapid-scanning confocal microscopy
Yuma Morishita1,2, Shoko Tamura1, Kentaro Mochizuki1, Yoshinori Harada1, Hideo Tanaka1
1Department of Pathology and Cell Regulation, Kyoto Prefectural University of Medicine, Graduate School of Medical Science.
2Department of Pediatrics, Kyoto Prefectural University of Medicine, Graduate School of Medical Science.

P-11
Genetic algorithm pulse shaping for sensitivity enhancement in Fourier- transform coherent anti-Stokes Raman scattering spectroscopy.
Matthew lindley,1 Julia Gala de Pablo,1 Ryo Kinegawa,1 Kotaro Hiramatsu,1,2,3 and Keisuke Goda1,4,5
1 Department of Chemistry, The University of Tokyo, Tokyo 113-0033, Japan
2 Research Centre for Spectrochemistry, The University of Tokyo, Tokyo 113-0033, Japan
3 PRESTO, Japan Science and Technology Agency, Saitama 332-0012, Japan
4 Institute of Technological Sciences, Wuhan University, Hubei 430072, China
5 Department of Bioengineering, University of California, Los Angeles, California 90095, USA

P-12
スリット走査型ラマン顕微鏡と深層学習を用いたペプチドの高精度な識別技術の開発
島岡勇輝 1、岡田昌也 1、畔堂一樹 2,3、名和靖矩 2,3、藤田聡史 2,3、藤田克昌 2,3、岩永茂樹 1
1シスメックス株式会社 中央研究所、2大阪大学 工学研究科、3阪大・産総研先端フォトニクス・バイオセンシングオープンイノベーションラボラトリ

展示

ライカマイクロシステムズ株式会社

スペクトラ・フィジックス株式会社

テレダイン・ジャパン株式会社

オックスフォード・インストゥルメンツ株式会社

アンドール・テクノロジー事業部

浜松ホトニクス株式会社

オリンパス株式会社

ソーラボジャパン株式会社

ケイエルブイ株式会社

カンタム・ウシタカ株式会社

京セラ SOC 株式会社













Copyright 2017 the Japan Society for Laser Microscopy. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.